スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は七夕♪

皆さんにとって素敵な日となりますように♪bamboo-167285_640_convert_20150707184427.jpg
笹の葉サラサラ~♪


今日は全国的にあいにくの雨・くもり模様でしょうか?
天の川見れませんねえー。



七夕って「たなばた」とか「しちせき」とも読み、古くから行われている日本の
お祭り行事の一つですが、いま時はどんな過ごし方するんでしょう。
仙台や湘南平塚が有名~?


毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉に
吊るして星に願いをかけますよね。これは子供が小さい時によくやっていましたが、
大きくなった今は~何もしませんw

カラフルになった笹を一本手に余しながら持って帰ってるお子さんも多いかな~?
懐かしい~


子供と一緒に、家族の健康の願いとは別に「何時までも若々しくいられ
ますように」ってミックス願った事がありますw
ザンネンながら年は確実に増え~見た目年齢であがいておりますw



では七夕はいったいいつから、どのようにして始まったのでしょうか?
その起源には数多く説があるようで、複数の行事や伝説があわさったもの
と言われてるらしいですね。


では簡単に~

「棚機(たなばた)」は古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って
おそなえし、神さまをお迎えして、秋の豊作を祈ったり、人々の穢れも祓った
ようです。
選ばれたその乙女は、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれるそうです。
水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織った
そうです。

そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機だったんだそうです。
仏教が伝わり始めると、この行事がいつしかお盆を迎える準備として7月7日の夜に
行われるように変化したそうです。


琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事えを、鷲(わし)座のアルタイル
と呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星。
織姫とひこ星ですね♪


この二つの星が旧暦の7月7日に、天の川をはさんで最も光り輝いてみえたことから、
中国では、この日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれたんだ
そうですyo!



カップルやご夫婦のこれからのストーリーがハッピーになると
良いですね♪
夫は帰宅しましたが・・・商業施設を通って帰宅するのに、しっかりと手ぶらです。
気の利いた彼や旦那様は~何かスイーツでもお土産したのかな?


夫はくれませんでしたが、ムスコがセブンでスイーツ買ってきてくれました。
私の好きな白玉ぜんざいです♪


↓食べる前取るの忘れましたw
写真 (174)

↓要はこんな感じ
介護食だって・・・










スポンサーサイト

No title

デッカイドウは来月の8/7なのでしゅ・・・
開拓者の島なのでいろいろ気候とかで変わってきたのでしょう・・・
でも、あっしの実家はこれまた昨日だったのでしゅ・・・
デッカイドウも広いのでしゅ・・・(笑
http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

コメント有難うございます♪

ぽんさん、デッッカイドウは来月ですか?
多分、明治以降~新暦になってから8月になったところも
あったのかも!場所によって色々なんですね♪
デッカイドウは広いですもんね、今はラベンダーの良い
季節でしょうか?

ところで別ブログがあったのを今日気が付きました!
画像が沢山で見入ってしまいましたw
メロンパンとか全部ですが、タコのパスタおいしそう♪
冷製は今の時期食が進みますよねぇ♡


Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。