スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日の贈り物・・・・義母編②


 母の日の前に必ず届く宅配!何故?


package-575402_640_convert_20150429154035.png



母の日の時期になると決まって届く宅配。
それも3~4月から一カ月の内に2~3回は届くのです。多すぎない?





今回も家族がいて写メを撮れなくってホントザンネン!
中身は・・・『私は息子と孫に贈ってます』的な色の濃い物。はいはい

漬け物、お菓子のバラやチョコ、ビスケット、夫の好きなビール
とつまみ×3回
やっぱり今年も!


ゲームのテトリスとかプヨプヨとか~古い?
次から次へと降りてくるアレみたい・・・



夫は『一体どうしたんだろうな?』って。 
珍しく家族より~

何故何時も同じ物を贈ってくるんだろう?
特段家族の反応が良い訳でもなく、インパクトもなく・・・。

どうせなら一点ずつの方が豪華に感じるかも知れない。でも言えない

ビール1ケースとか夫は喜ぶよ♪

孫ムスコが好きなのはこんなのだよ♪

孫ムスメはこんなのも好きだよ♪


それで分かったのは母の日の自分への贈り物の要求
の形だった事を!やっぱりしたたかだ


話を聞いてみると、ミックスが贈ったものをわざわざ近所や親せきに
見せに行くんだって。意味わかんないよ
家に人を呼んで見せる事もあるらしい。


それでお母さんの人となりの想像が付く。

彼女は自分がどう扱われているのか周りに誇示したいのかも
知れない。
息子夫婦に大事にされてるって事を。分からなくもない心理


義母の所で手に入らないお菓子を沢山贈った時は、
夫も素直に賛成していた。自分の母親の性格は熟知してたんだね!

↑これです。

何故良いのか?それは・・・おすそ分けできるから!
『息子のところから贈って来て~』ってあげる事が出来る。凄いな~


前回の記事①の「そうめん」も小分けになってるから、みんなにあげるのに
ちょうど良かったのかも知れない・・・。
でも夫はミックスとのやり取りで、家用に欲しいと散々要望を聞いてスルーして
いたので、義母に贈るわけには行かないと贈っていない。当然でしょう!



しょうがないから、「そうめん」でも贈ろうか?
それとも『もう気を使わないでね!』って言われたから今回は
大手を振ってスルーしようか。悩ましいところ。


親孝行は大事って誰かのブログにあったな~
man-272679_640_convert_20150504011614.jpg


実母なら『忙しいから当日送れないから。でも今度遊びに行くね!
ご飯でも食べに行こう♪』って気楽に言える。
どうして義母ってこう気楽になれないんだろう?不思議・・


そもそも・・・夫が独り身だったらもらえなままだった可能性が。
母の日にもらったのは結婚してからだって言ってたもの


なら・・・
『ミックスちゃんがいてくれるからもらえる様になったのよ。
有難う。感謝だわ♪』位、思って貰っても良いよねぇー?
何故わからなぁ~い!?


悩ましく悩んでいたら~そろそろ『母の日』当日着も怪しくなって
来てる。
今の所、なぁ~んにも浮かばないから一先ずスルー
夫がどうするのか観察しようじゃないか!
  


ムスメからは『今年、母の日居ないから!』と早々に断言されている。
せっかく仕事休みなのに・・・

毎年何かしらくれるムスメ♪
お花&スイーツが多いです。テンション上がります♪



ムスコはくれません。そっけないなぁ~
でも仕事仲間の話を聞くと、この時期、新社会人になった最初のお給料
で、男の子が母の日に色々と購入する姿を見るそうです。素晴らしい
面白いのは女の子より多いそうです。なるほど~



ところで母の日の由来ってどんなだろう?


red-carnations-72691_640_convert_20150504023412.jpg


1905年5月9日、アメリカに住むアンナ・ジャービスが母の死に遭遇し、
生前に母を敬う機会を作ろうと働きかけたことに由来する
親孝行したい時に、親は無し・・・

この働きが全土に広まり、1914年にウィルソン大統領が、
5月の第二日曜日を「母の日」と制定し国民の祝日になった。
休日を作ってしまう母の素晴らしさ~

アンナの母が好きだったカーネーションを祭壇に飾った事から、
母が健在なら赤いカーネーション
亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾り、
やがてカーネーションを贈る習慣に変化していった。


由来は他にもあり、古代ローマ時代、神々の母リーアに感謝する
春祭りの説や、17世紀のイギリスで復活祭の40日前の日曜日を
マザーズ・サンデーとし、出稼ぎ労働者を里帰りさせた説もある。
母に会えると元気百倍の素晴らしさ~

世界各国を見ると、2月のノルウエーから始まり、12月のインドネシアまで
一年を通して母の日は設定されてるみたい。

気になる日本は、明治末期頃に行われ始め、1915年に教会で
行われてから、一般にも広まった様子。
1937年に森永製菓が「森永母を讃へる会」を作ったことで、
全国民に広まったとも言われている。
森永が一役買ったのね!


じゃ~その森永製菓は、現在この「母の日」をどう商品と
リンクさせてるのか?見てみると~それらしきものは何も
やっていない・・・ ヘッ!? 

限定赤いカーネーション型のチョコとか小さい子でも買えるんじゃない?
働く母へウイダーinゼリー母の日限定パッケージとか

エッお菓子ー?って思うかも知れないけど、
ママ友来る時って、お菓子用意してる事あるでしょう?
働く母の休憩でも、お菓子って幅広い年代で持ってるの
見かけるよぉ~商売っ気が無い森永?

cupcakes-525522_640_convert_20150504022405.jpg



貰っても貰えなくても、大事な子供に変わりありませんが
気持ちが行動に現れ品物となるわけですから嬉しぃものでしょうね♪
でも本当の「愛」って形に出てこそ本物だよね!?
実母にしかその気持ちが自然と出ないー


さて皆さんは母の日はどうしますか?








スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。