未来ある家計のために

家事・家計管理が苦手なパート主婦です。シルバーライフを意識し豊かに過ごせるようにネットにもチャレンジ!自分を磨いていく日々を綴る日記です。

もつ鍋と言えば黄金屋のお取り寄せ!

cooking-pot-165097_640_convert_20150528123553.jpg


こんばんは、ミックスです。最近、ポイント3重取りのおトク購入で、ネットでのお買い物が増えました。


もつは夫と子供たちの好物でもあり、かなり前にブームにもなっていましたが、自宅で食べるのは焼き鳥の店主直伝の「もつ煮込み」ばかりでした。


それで今回は、ブログでよく見かける「黄金屋さん」のもつ鍋~さっそく試してみました。楽天で№1になってる~

↓こんな風に届きました。
写真 (145)

↓中身はこんな感じ
写真 (146)


↓こんな感じで盛り付けました。

トロトロ~プリプリ~で美味しかったです♪


ただ、スープの味を選ぶなら「塩」だと薄く感じたので、次回は別の味にしようと思いますっ!
実は夫はもつ鍋と言うと塩派ですが、私は醤油派なんですけど・・・。
好みが悉く合わないw


普通はどっちなんだろう?
『外で食べるのは大抵塩味だよ!』と言い張る夫・・・ホントかな?
外食でもつ鍋を食べた事が無いので~

調べたyo!

【もつ鍋の起源】

牛や豚の内臓を主材料とする鍋料理の事。そうだ内臓だったんだ・・・

福岡・博多で第二次世界大戦後、炭鉱で働いていた朝鮮半島の人々が、もつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味で炊いたものがルーツなんだね!醤油が基本だぁ♪ふふふ♪

1960年代に入ってからは、ごま油や、唐辛子を炒めてもつと味付け用調味料とネギ類を入れたすき焼き風は「ホルモン鍋」とも呼ばれていた。

最近は鰹や昆布でだしをとって、醤油や味噌で味つけしてから、
もつと大量のニラ・キャベツ、臭み消しのニンニク、唐辛子を入れた現在のスタイルで食べるのが主流。
お野菜もコラーゲンもタップリ取れて美容にも良いもんねぇ~


1992年には東京に博多風もつ鍋店がオープンした時は、ちょうどバブル景気崩壊後だった事もあって東京中に広まったんだね。

「もつ鍋」って流行語大賞の銅賞にもなった程流行りだったんだ。
BSE問題の波を受けたのは痛かったかもねぇ~


これで分かったのは・・・基本は醤油だって事♪
食べた時、夫も醤油だって気づいていたはず~w
色んな味が出てるから試してみたい♪




↓これも気になる~♪




暑さバテしたら、もつ鍋もアリ~?


 ●お買いものレビュー

0 Comments

Leave a comment